探偵の専門的な知識を解説しています。


家出癖と探偵調査


大阪にいる友達のお父さんが、急に行方をくらませたことがありました。

友達のお父さんは、行き詰ると現実逃避してしまう癖があるらしく、私が遭遇したのは、その逃避の何回目かのことでした。家族はそのたびに不安になり、探偵大阪で居所をつきとめてもらってるらしいです。普段なら数週間程度で、逃避から帰ってくるはずのその逃避癖のあるおじさん。今回に限って、1ヶ月以上も音沙汰無しで、さすがに家族も今回は今までと違うかもと不安に思い始めたらしい。

おまわりさんに捜索願を出しても、事件性がないのですぐに探してくれる訳もなく、探偵大阪にそろそろ人探し調査を依頼しようかと、言っていました。最近、自殺の話題も多いし、確かに、その方がいいんじゃないかなぁと思いました。
人探しは、時間のかかる調査らしいです。本当に些細なヒントから、すんなり見つかる場合もあれば、まったく足取りがつかめないケースもあり、業者によって、料金格差の生まれやすい探偵調査らしいんです。
ですから、依頼を考えている場合、無料の電話相談や、メール相談を使って、どのような料金体系で、調査を行う業者なのか把握した上で、依頼先を選定することが必要だと思います。

自から家出をし、ある程度時が経つと自分で自分の居どころをなくしてしまったと思い込み世を儚む人が最近多いそうです。
追い込まれると現実逃避をする友達のお父さんの話を聞いて、世の中、こんな人が本当にいるんだと、ちょと、驚いてしまいました。家出は回数を重ねるごとに、その期間は長くなるようなので、いつものことだと放っておかずに、早めに興信所や探偵大阪に依頼して探し出してあげることが必要なんじゃないかなぁと、思いました。