探偵の専門的な知識を解説しています。


信用調査を知る


今までまったく面識も取引もなかった新たな民間企業や個人と取引を始める際、どのような資料や情報を元に始めるのでしょう。

一般的な、民間企業のデータを扱う調査では、大手民間企業の情報は充実していても、規模の小さな会社の情報は、詳細に集められていることは少ないようです。また、情報があったとしても更新頻度が低く、リアルタイムの状況を知るには、あまり役に立つ資料とはいえないでしょう。その為、探偵や興信所に、今この時の状況を調査報告してもらう事が、取引方針を決める上で、ポイントとなってきます。

景気が良い場合でも、不景気の場合でも、不確実性管理の観点から信用調査はポイントです。相手先に資料の提出を求める事ももちろん可能ですが、自力での不利益になることを相手先にわざわざ知らせることは、考えにくい為、第三者機関である、探偵や興信所に調査を頼んでみることは、有益なことといえます。
相手のどのような情報を得たいのか、依頼の前に明確にしておくことがキーポイントです。探偵、興信所にことにより、一般的なデータ仕事場の情報よりも、一歩踏み込んで調査することが可能です。
ネットで多く見られる個人間取引での詐欺や、古くからある、一般の企業間取引の取り込み詐欺。顔の見えない知らない相手と取引を行う場合や、新しい一般の企業と取引を始めようと自問自答してしまう場合、詐欺に合わないために、何らかの防御をする必要があります。個人間の場合、代金引換の取引に限ったり、大手のオークションなどの場合、安心取引制度の利用をしてみるなど、ちょと気をつけるだけで、詐欺などに引っかかってしまう率は下がります。
一般の企業間の場合、新しい取引先だけでなく、古くから取引のある一般の企業であっても、定期便の様に探偵や興信所を利用し確認する事が、不確実性マネジメントの観点からも必要なのではないかと思われます。